ビックギフトは換金率低すぎ!?利用すべきでないクレジットカード現金化業者と呼ばれる理由

ビックギフトは、クレジットカードで購入した商品を買い取ってくれる現金化業者です。

勘違いされやすいのですが、「ビッギフト」ではありません。

「ビッギフト」ですよ。

ビックギフト指定の商品をネットで購入し、メールで買い取ってくれるため、後日商品が送られてこないというメリットがあります。

しかし、利便性が高い反面、カード会社の規約に違反しかねない方法であることも事実です。

カード会社はクレジットカードで購入した商品の換金を禁止しています。

バレるとカード利用を停止されかねません。最悪強制退会になることも…。

しかも、それだけでは済みません。

カードの利用停止や強制退会の事実が信用情報機関に登録されるとブラックリスト入りです。

信用情報(クレジットヒストリー)は、最低5年間データが消えないので、どのカード会社や信販会社も相手にしてくれません。

ビックギフトは単に商品を買取するだけですが、それでもカード会社とトラブルが起こってしまうのでしょうか。

どのように対処しているのか?ビックギフトの換金率は本当なのか?などをお伝えします。

クレジットカード現金化業者ビックギフトの特徴【まとめ】所在地や代表者は?

設立 不明
代表者 不明
営業時間 9:00~20:00(平日電話対応)
10:00~19:00(休日電話対応)
ネット申込みは24 時間OK
電話番号 0120-761-280
土日振込 可能
利用可能なカード VISA・Master・JCB・American Express・Diners
公式ホームページ https://www.bic-gift.com/
特徴
  • 手数料なし
  • 荷物の送付なし
  • 土日振込可能銀行が多い
入金までにかかる時間 最短5分
最大換金率 82%
支払方法 一括・リボ・分割
所在地 渋谷区代々木2-23-1

ビックギフトの大きな特徴は、「即日お買取サービス」を提供していることです。

ネットで商品を購入すれば、ビックギフトがメールで買取してくれるため、申し込みから振込みまですべてWEBだけで完結します。

会社の設立年も代表者名も記載されていませんが、渋谷に事務所があることは書かれていました。

買取形式の現金化なので商品の送付はなく、手数料も発生しません。

そのため、合理的なクレジットカード現金化の方法と言えるかもしれません。

ビックギフトは悪質業者という評判は本当だった!?黒い噂や悪い評判の真相は?

実は、ビックギフトは悪徳業者というウワサを耳にしたことはありませんか?

その真相を探るべく、実際に利用した人の口コミが5ch(旧2ch)やツイッターなどネット掲示板やSNSで書かれていないか調査しました。

残念ながら、5ちゃんねるやツイッターにはまともな口コミが見つかりませんでした。

次はヤフー知恵袋とグーグルのクチコミでも調べてみましたが、こちらも見つからず…。

マル得NAVIでは、ネット上のビックギフトの評判を見つけ次第、随時更新していきますので、お楽しみにしてください。

【体験談】ビックギフトでクレカ現金化を実際に申し込んでみた

現在調査中です。

調査完了後、こちらに掲載しますので、更新までしばらくお待ち下さい。

ビックギフトの換金率は低すぎ?!換金率が他の業者より10%以上低い理由は?

申込金額 換金率
1万円~29万円 80%
30万円以上 82%

ビックギフトの換金率は80%から82%程度です。

実際にこの換金率を適用されたとしてもAmazonギフト券買取店より不利でしょう。

規約違反を承知の上で換金するなら、ビックギフトを使う必要はありません。

もっと割のいいAmazonギフト券買取店がいっぱいあります。

他の業者の最大換金率の場合、普通は90%を超えることがほとんどです。

ビックギフトの公式サイトには、他社より換金率が低い理由に「手数料を取らないから」としています。

ですが、換金率90%以上でも手数料は取らないと明言している現金化業者もあります。

換金率があまりにも低いビックギフトをわざわざ使う理由はどこにもありません。

ビックギフトは本当に他の現金化業者より換金率が低い?比較してみた

本当にビックギフトは他の現金化業者より換金率が1割以上低いのでしょうか。

ビックギフトに似ていると呼ばれる「ネオギフト」、そして業界大手の「ひまわりギフト」の2社を比較してみました。

ビックギフト ネオギフト ひまわりギフト
買取方法 Amazonギフト券などの買取 Amazonギフト券などの買取 指定のネットショップ
業者からの商品発送 なし なし あり
取引の実態 転売 転売 購入
信販会社とのトラブル ありうる ありうる 心配なし

まず買取方法を見比べてみましょう。

ビックギフトとネオギフトはAmazonギフト券などネットの商品券を購入する方法で現金化します。

断言できる理由は、買取方法がメール送信と表示しているためです。

また、発送するモノがないので当然ですが、業者からの商品発送については、ビックギフトとネオギフトはありません。

これに対し、買い物としての実態がある業者はキャッシュチェンジのみです。

取引の実態を言ってしまうとビックギフトとネオギフトは換金(転売)になります。

換金はクレジットカードの利用規約違反になるため、後日、信販会社から契約解除と言われるリスクがあります。

これに対し、商品購入という形式をとっているのはキャッシュチェンジのみです。

商品を購入し、後日商品を発送してくれるため、カード会社から目をつけられる危険性もありません。

家族にバレることもあるので、商品を送付されるのは嫌だと言われる利用者も少なくありません。

ですが、カード会社から利用停止にされる可能性を考えた時、どの業者が安全かは言うまでないでしょう。

まとめ:ビックギフトはクレカ現金化業者というより危険で割の悪いAmazonギフト券買取店

言ってしまうと、ビックギフトは単なるAmazonギフト券買取店です。

しかも、買取率が悪く、クレジットカード情報まで詐取するという悪評もある悪徳業者です。

なぜか、ビックギフトは必要もないカード情報を要求してきます。

そのため、一度利用してしまったら、ビックギフトに提供したカード情報は悪用されるかもしれません。

海外の偽造グループは、詐取したカード情報で偽造カードを作ることがあります

通販で使わなければセキュリティコードは必要ありません。

必要もないのにクレジットカードを他人に見せてはいけないのです。

ビックギフトを利用することはあまりにも危険すぎます

ビックギフト
お客様が購入された商品を業界最高買取利率で即日お買取りし、即日お振込みいたします。日本全国ご来店不要でインターネットのみで即日完結いたします。
タイトルとURLをコピーしました