【困難】paypalは現金化できる?金券が買えないペイパルの換金方法や使い道は?

PayPal現金化は危険? お金を作る
ラムオ
ラムオ

「PayPal」は世界中で使われている決済システムです。

 

電子決済サービスでの現金化は金券を買えるか買えないかにかかってきますが、残念ながらPayPalは金券が買えません。

 

PayPalを現金化することのできるたった2つの方法とは?

「PayPal(ペイパル)」はアメリカ「PayPal社」提供の決済システムです。

特徴はインターネット利用で決済をする点。

「オンライン決済代行サービス」ともよばれます。

インターネット環境さえ整っていれば、国内国外を問わず簡単に決済可能。

「PayPal口座残高」は簡単操作で現金へ戻せます。

「PayPal現金化」にスポットをあてて紹介しましょう。

この記事でお伝えしたいポイント3つ

チェックボックスPayPalの現金化は可能だが、まずは仕組みを理解することが大切

チェックボックスPayPalプレミアアカウントにアップグレードすれば、スムーズな現金化が可能

チェックボックスPayPal送金による現金化はデメリットが多いためオススメできない

paypal(ペイパル)のクレジット枠の現金化は可能?安全性は?

イエスとノーでYESにチェック

ラムオ
ラムオ

PayPalを使って現金化したいんですけど、なんだか難しそうで…

ウルフさん
ウルフさん

大丈夫だ。方法はある!

ここでは、PayPal現金化の実際の流れを詳しく説明していくぞ!

はたして「PayPal」利用でクレジット枠(ショッピング枠)現金化は可能なのでしょうか?

その答えは「イエス」となります。

ただし「PayPalの仕組み・概要」を理解しなければなりません。

掘り下げて解説しましょう。

そもそもpaypalって?Paypalのアカウントとは?

ラムオ
ラムオ

PayPalって、海外のサービス…?何だかよく分からなくて…

ウルフさん
ウルフさん

その通り、PayPalはアメリカの企業が作った決済サービスだな。

海外との送金が楽になるサービスだと思えばいい。

前述しましたが、「PayPal」はアメリカ企業「PayPal Holdings Inc.」による決済サービスです。

1998年設立で電子決済サービスの老舗的存在となります。

特徴を列記しましょう。

  • 190の国・地域で利用可能
  • 2000万店舗以上(最新情報)で利用可能
  • 21通貨以上に対応
  • 2億5千万以上のアカウント数
  • 巨大な決済サービス

「利用のながれ」はいたってシンプル。

「アカウント(PayPal口座)」を開設して、クレジットカードもしくは銀行口座を登録します。(メールアドレス紐付けも必要)

決済相手のメールアドレスを指定すれば「送金(決済)」可能です。

海外業者(国内もふくむ)との商取引決済代行(仲介)するものであり、個人情報を知られることなく決済を完了させられます。

この点が大きなメリットでしょう。

ちなみに「PayPalアカウント」とは「PayPal利用の権利」や「口座」を指すことば。

言い換えるなら「PayPal利用」には「アカウント開設」が必須です。
(アカウント開設手数料「無料」・月額サービス手数料「無料」)

ご理解いただけましたか?

paypalは商品券・ギフトカード等の金券類が買えない!

ハンカチを噛んで悔しがる女性

ラムオ
ラムオ

他の現金化方法だと金券やギフト券を使った現金化がありますけど、PayPalの場合はどうなんでしょう?

ウルフさん
ウルフさん

実は…PayPalを利用しても、金券は購入できないんだ。

ラムオ
ラムオ

ええ~っ!?

以前はクレジットカード現金化の手段として「商品券・購入転売」が多用されました。

そのためカード会社の監視が厳しくなったのは事実です。

提携企業への締め付けが厳しくなり、「PayPal」も例外ではありませんでした。

結果として2014年末より「商品券・ギフトカード」購入が規約上禁じられることに。

これにより現金化が難しくなりました。

ただし、いくつかの方法は残っています。
つぎの項目で触れましょう。

金券が購入できる電子マネー、nanacoを利用した現金化についてはこちらを参考にして下さいね。

【便利】nanacoを現金化するたった2つの方法!金券が買える貴重な電子マネー
セブンイレブンで利用できる電子マネー「nanaco」で現金化できたら便利ですよね。実はnanacoは金券が買える珍しい電子マネーなんです。換金性の高い商品券やギフトカードを購入して、さらに高く買い取ってもらう方法とは?

paypalの残高を現金化する方法

「PayPal残高」現金化には2種類の方法が考えられます。

また、出金に関してアカウントのアップグレードが必要です。

それぞれを詳しく紹介しましょう。

1.換金率の高い商品を購入して転売する

貴金属と宝箱

ラムオ
ラムオ

換金性の高いもの…うーん…なんだろう?

ウルフさん
ウルフさん

最近ではゲーム機やApple製品なんかもその対象だぞ!

ひとつめは「高換金率商品」の購入・転売によるもの。

クレジットカード現金化の王道的手法ですね。

換金率の高い商品とはどのようなものでしょうか?

列記します。

  • ブランド品
  • 貴金属
  • ゲーム機本体・ゲームソフト
  • Apple社製品
  • カメラ
  • 楽器類 など

参考になさってください。

paypalが使えるお店はどこ?

「PayPal」利用可能店舗の一部をご紹介。
(現金化にかかわらず掲載)

小売・マーケットプレイス
  • ヤマダウェブコム
  • iHerb
  • HMV&BOOKS
  • disk UNION
  • BROOKS
  • LION
  • Etsy
  • ebay
  • あみあみ(キャラクターグッズ&ホビー)
  • Hobby Link Japan
  • キャラアニ.com
  • pixiv
  • wish
  • Walmart
  • チケットストリート
  • セカイモン
  • Qoo10
  • チケット流通センター など
ゲーム・ソフトウェア・デジタルコンテンツ
  • DMM.com
  • PlayStation.Store
  • facebook
  • YouTube
  • Microsoft
  • GREE
  • Renta!
  • hulu
  • BANDAI NAMUCO
  • Nintendo
  • vimeo など
ファッション
  • ebay
  • swatch
  • next
  • Neiman Marcus
  • VICTORIA’S SECRET など
ラムオ
ラムオ

PayPalって、色んなお店で使えるんだ!

ウルフさん
ウルフさん

海外向けのサイトだけじゃなく、国内向けのものでも利用可能だぞ!

注意したいのはコンビニ利用ができない点。

ただし「Vプリカ」作成で決済可能となります。

ちなみに「Vプリカ」は「VISA系列プリペイドカード」のこと。

「PayPal残高」で「Vプリカ」へチャージすればコンビニ利用が可能です。

「ローソン・ファミリーマート・セブンイレブン」いずれも使えますよ。

またネットショップは対応が分かれるところ。

「Amazon」では「PayPal」対応をしていません。

いっぽう「楽天市場」は店舗により対応・非対応が分かれます。

決済前に事前確認をしましょう。

(補足)プレミアアカウントにアップグレードして銀行口座から出金する方法

「PayPal・アカウント」には種類があります。

アカウント名 機能 注釈
パーソナルアカウント 支払い専用 本人確認不要
プレミアアカウント 支払い・受け取りに対応(個人向け) 本人確認必要
ビジネスアカウント 商売用(法人・個人事業主用) 複数ユーザーログイン可

アカウント登録直後は「パーソナルアカウント」です。(個人利用)

「支払い」にしか使えません。(出金機能なし)。

利便性を高めるには「プレミアアカウント」へのアップグレードが必須となります。

paypalのプレミアアカウントとは?何ができる?

前述どおり「プレミアアカウント」はお金の受け取りに利用できます。

「現金化に必要なグレード」と考えてください。

以前は「PayPalアカウント」作成時に「プレミア」を選べたのですが、現在は段階を踏む必要があります。

まず「パーソナルアカウント」で口座開設をして、そのあと「本人確認」により「プレミアアカウント」へアップグレード。

手順どおりすすめてください。

なお、「本人確認」をする方法は2種類あります。

それぞれに触れておきましょう。

口座振替設定方式

「みずほ銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」の口座所有者は口座振替設定をするだけでOK。

必要書類アップロード方式

マイアカウントから必要書類をアップロードしてください。

該当書類は「運転免許証」「パスポート+補完書類(日本国籍の方のみ)」「住民基本台帳カード」「健康保険証+補完書類」「各種年金手帳+補完書類」「各種福祉手帳+補完書類」「在留カード(外国籍の方のみ)」のいずれかです。

アカウントのアップグレードが完了すれば「マイアカウント→ウォレット→出金」の手順で残高を引きだせますよ。

2.アカウントを2つ用意して銀行口座へ入金&送金する

複数の銀行口座通帳

ラムオ
ラムオ

アカウントを2つ用意…それって何か理由があるんでしょうか?

ウルフさん
ウルフさん

一つを個人情報に紐づけたパーソナルアカウント、もう一つをプレミアアカウントにしておけば、

簡単にお金の送金が出来るぞ!

「PayPal残高」現金化に話をもどしましょう。

ひらたく言えば「クレジットカード・ショッピング枠」の現金化です。

「PayPal」は複数アカウントの登録が(非公式ながら)可能となります。

「パーソナルアカウント」と「プレミアアカウント」の2種類を用意しましょう。

手順は「パーソナルアカウント」に紐付けたクレジットカード利用で「プレミアアカウント」へ送金すればよいのです。

いかがでしょうか?

シンプル操作で簡単にクレジットカードの現金化ができそうに感じますね。

しかし、よいことばかりではありません。

「PayPal残高」現金化には重大な欠点があるのです。
つぎの項目で掘り下げましょう。

paypalで送金して現金化するのはデメリットだらけ

デメリットと後悔

ラムオ
ラムオ

PayPal現金化って意外と簡単そうだな~!さっそくやってみよう!

ウルフさん
ウルフさん

ま、待て!確かに簡単かもしれないが、いくつかデメリットもあるぞ!

「PayPal残高」を現金化するには「アカウント」を2つ用意すればOK。

口座間決済で現金を入手できます。

ただし、手数料に注意。

残念ながら100%還元とはいきません。

また複数アカウントの所持は裏ワザ的手段です。

ペナルティの危険性を認識してください。

つぎの項目でデメリット面を解説しましょう。

デメリット1.お金を引き出す時、かなり手数料がかかってしまう

「PayPal・決済手数料」を表組みします。

月間売上額(PayPal利用) 国内決済手数料 海外決済手数料
30万円以下 3.6%+40円(一件あたり) 4.1%+40円(一件あたり)
30万円超100万円以下 3.4%+40円(〃) 3.9%+40円(〃)
100万円超1,000万円以下 3.2%+40円(〃) 3.7%+40円(〃)
1,000万円超 2.9%+40円(〃) 3.4%+40円(〃)

「その他手数料」も提示しましょう。

アカウント開設費 0円
初期費用 0円
月額手数料 0円
銀行口座引き出し手数料 0円

※5万円未満は250円(一件あたり)

「2つのアカウント」利用で現金化をする場合、「送金アカウント」は「手数料0円」ですが「受け取りアカウント」は所定の手数料が必要です。

例を挙げましょう。
「10万円」現金化なら「100,000×3.6%+40=3640」で「3640円」の手数料となります。
さらに「5万円未満」の現金化ならば250円の引き出し手数料を加味しなければなりません。

もちろん「高換金率商品」の購入・転売と比較すれば、はるかに高還元率でしょう。
ただし、高額になるにつれ「手数料」がネックとなりますね。

デメリット2.即日現金化することは不可能

時計と後悔

現金化を急ぎたい場合。

「PayPal残高」の即日現金化はできない、と考えてください。

はたして「PayPal」で出金を確認できるのはいつになるのでしょうか?

公式ホームページによると「PayPal出金」にかかる日数は「約3営業日(金融機関により異なる)」とされます。

引き出し申請をしてから3日以上かかるのはツライですね……。

ラムオ
ラムオ

時間がかかりすぎるなら、他の方法を試したほうがいいかも…

ウルフさん
ウルフさん

即日でお金が必要!ってやつはそれもアリだな。

今すぐお金が欲しい!そんな方には、こちらの記事がおすすめです。

【ピンチ!】今すぐ現金を手に入れるには?借金以外の具体的な方法9選
「どうしても今すぐお金が必要!」「今日中にこれだけの額を用意しないと…どうしよう…」 そんな時は、まずは焦らずに自分に出来る方法を探してみましょう。 午前中に現金を手に入れるための具体的なやり方とは?詳しく解説します。

デメリット3.PayPalは一人が複数のアカウントを開設することを禁止

「PayPal残高」現金化(クレジット現金化)にはアカウントが2つ必要です。
この点は前の項目で紹介したとおり。

注意したいのは、公式に認められていない点です。

同一名義で「PayPalアカウント」の登録はできません。

発覚すれば即時アカウント凍結でしょう。

また、「PayPalアカウント」はグレードに関わらず「クレジットカード情報」または「銀行口座情報」が必要です。

アカウントを2つ作成するためには、2つの名義が要ることに。
協力者を頼まなければなりません。

以前は「PayPalアカウント」の複数所持が比較的容易とされました。

そのためクレジットカード・ショッピング枠現金化業者による「PayPal」利用が多く見受けられたものです。

しかしクレジットカード会社による監視・要請もあり規制が厳しくなっています。

アカウント複数所持は正当な行為となりません。
(紹介しておいて申し訳ないです)

この点をじゅうぶん理解してください。

現金化しづらいpaypal残高の使い道は?

ウルフさん
ウルフさん

PayPalに残高はあるけど、どう使えばいいか分からなくてほったらかし…

そんなやつも一定数いそうだな。

ラムオ
ラムオ

そうなんですよ!とはいえ、無理やり何かで使うのは違うし…

ここまで読みすすめて「PayPal残高」の現金化に難しさを感じたなら……。

換金をあきらめて「使い道」を考えませんか?

「リアル店舗(実店舗)」利用可能ならば便利ですよね。

現金併用で「PayPal残高・使いきり」が簡単でしょう。

ただ、ここで思い起こしてほしいのは「PayPal」の特徴です。

「PayPal」はインターネットを介した決済代行サービスなので、対応店舗は専用設備が必要となります。

日本国内で「PayPal」は残念ながら(電子マネー決済、ペイサービスとの比較において)マイナーな存在と言わざるを得ません。

リアル店舗対応が極めて少なく(ほとんどない)、利便性をせばめています。

もし、どうしてもというならば「Vプリカ」を利用してください。(Vプリカチャージによる方法です)
面倒に感じるかもしれませんが「PayPal残高」の使いきりに有効ですよ。

そろそろ本題です。

これらの情報からお分かりでしょう?
「PayPal残高」はオンラインショップ利用が一番の「使い道」となります。

なかでもおすすめは「楽天市場」。

国内トップクラスの「オンラインショップ・モール」です。

公式ホームページにPayPal決済可能としています。(非対応店舗もあり)

「楽天市場」利用ならばポイント還元で「PayPal残高」を有効活用できますね。

しかも「楽天」ではスーパーポイントアッププログラムを展開しており、「楽天でんき」「楽天証券」「楽天モバイル」「楽天トラベル」など対象サービスの利用により還元率がアップ。
メリットいっぱいでしょう?

話をもどしますが、「PayPal残高・使い道」は「オンラインショップ・ポイント還元」がコツとなります。

「おとく情報」をしっかりと収集してください。

まとめ:paypalの現金化は困難!面倒でリスクが高いためおすすめしない

×マークを出すスーツを着た女性

「PayPal現金化」の記事を読みすすめて、どのような感想をお持ちになりましたか?

現金化自体は可能ですが、面倒な手順を踏まなければなりません。

少し視点を変えてみましょう。

国内ではキャッシュレス実現の方法があふれています。

新しいペイサービスが次々と発表され「枚挙にいとまがない」状態です。

そのなかで「PayPal」は早くからサービスを開始しました。
流れはメールアドレスと紐付け、クレジットカード登録で決済OK。

世界中の相手と安全に決済できますから、もっと利用範囲が広がってもよさそうですね……。

国内はもとより、海外ネットショッピングに必須の決済方法です。
アメリカやアジア圏のネットショッピングで強みをもち「評判の高いカスタマーサポート」でユーザーを拡大しています。

想像してください。
海外ショップサイトでお気に入りの商品を見つけたとしましょう。

いきなりクレジットカード情報を入力できますか?

怖くてできませんよね。

そのような場合に「PayPal」は大きな力を発揮します。

グローバルな仲介力は他の追随を許しません。

記事を総括しましょう。

「PayPal」の現金化利用はペナルティ・リスクが高くおすすめできません。

ネットショッピングで有効活用をめざしてください。

ラムオ
ラムオ

やっぱりPayPal現金化は時間がかかるしリスクが高そう…。

他の方法も探してみます!

ウルフさん
ウルフさん

おう!さっき紹介した記事も参考にしてくれよな!

20枚以上調査してわかった!現金化業者ランキングTOP5

クレジットカードの現金化業者ってどれを選べばいいのかわからない!

そこで、「マル得NAVI」では、忙しいあなたに変わって現金化業者を徹底調査しました。

現金化業者20社以上の中から厳選し、自信を持っておすすめできる業者を1位から5位までランキングで発表します。

安全性、換金率、入金時間、営業時間などを比較し、あなたに最適な現金化業者がきっと見つかりますよ。

お金を作る
マル得NAVI
タイトルとURLをコピーしました