クレジットカードの現金化が疑われた時の対処法。現金化はカード会社になぜバレる?

クレジットカード現金化が疑われた時の対処法を伝えるラムオ クレジットカード現金化

クレジットカードを使った商品の現金化が、カード会社に疑われたら?

ある日突然カード会社から、疑いの目をかけられる電話がかかってきたら?

そんなときあなたはどう対応しますか?

クレジットカードの現金化は法律違反ではありませんが、ほぼすべてのカード会社の利用規約に違反します。

規約に違反すると最悪の場合、カードの利用停止や強制退会処分になります。

最悪の事態を回避するためにも、万一クレジットカード現金化がカード会社に疑われた場合の対策方法について知っておきましょう。

ラムオ
ラムオ

ウルフさん、大変です!

現金化をした後、カード会社から電話が来ちゃいました…!

ウルフさん
ウルフさん

ラムオ、焦るな!大丈夫だ。

まずはきちんと電話を取って、相手の質問に答えるんだぞ。

万一の時も大丈夫!クレジットカード現金化が疑われた場合の3つのステップ

カード会社からかかってきた電話に出るひつじ

クレジットカード現金化が、カード会社に疑われた場合、あなたの元にカード会社から電話がかかってきます。

電話がかかってきた際の対処法は次の3つです。

  1. まずは冷静に電話に対応する
  2. どういう商品を購入したか、理解しておく
  3. 換金目的での購入でなかった旨を伝える

まずは冷静に電話に対応する

電話に冷静に対処することを決めたひつじ

ウルフさん
ウルフさん

電話を無視するのは一番やっちゃダメだ。更に疑われるからな。

クレジットカードで購入した商品を現金化した後、カード会社から電話が会った場合、現金化の事実がバレてしまったのではないか?と不安になると思います。

だからといって、電話に出ないのは最悪です。

カード会社からの連絡を無視していると、自動的に退会させられかねません。

なのでまずは落ち着いて電話に出ましょう。

カード会社からの電話は、商品の現金化をいきなり疑うものではありません。

まずはカードの第三者に不正利用されていないかということが疑われます。

クレジットカード会社では、会員の利用状況を自動検知システムによって監視しています。

不正なカード利用を検知した場合、利用者の安全を守るため、カードの利用が停止されます。

特に普段クレジットカードを利用しておらず、突然ある時数万円単位の買い物がされた場合、それが通常の買い物であっても、確認の電話が入る場合もあります。

従ってカード会社から電話があったからといって、過度に慌てる必要はありません。

購入した商品について説明する

商品の写真を残して説明しやすくするひつじ

ラムオ
ラムオ

購入したサイトのスクリーンショットや、商品の写真を残しておきましょう!

カード会社から、現金化目的の購入でないか?という電話がかかってきた場合、購入した商品について、カード会社に説明ができることが重要です。

自分で買った商品について、内容を把握しており、その内容をカード会社に伝えることができる。

ごく当たり前のことですが、実際にはそれができないケースも多いのです。

特に現金化業者の指示で購入している場合、自分の好みや意思で購入していません。

しかも購入後すぐに換金しており、買ったものが自分の手元にないため、説明がつかない場合があります。

また商品は覚えているけど、購入した店名を覚えていない場合もあります。

そうなるとしどろもどろの応答になり、さらに疑いをかけられることになるので、注意が必要です。

換金目的での購入でなかった旨を伝える

換金目的でないことをしっかり伝えるひつじ

ウルフさん
ウルフさん

しっかりと自分の口で伝えられれば、これ以上怪しまれることはないからな!

現金化の疑いをかけられた際に最も重要なことは、換金目的の購入ではないことを伝えることです。

カード会社が知っていることは、クレジットカードを使って商品を購入したということだけです。

購入した商品をその後どうしたかということは、わからないのです。

従って「所有や使用する目的」で購入したことをきっぱり伝えましょう。

そうすることで、カード会社も納得してくれます。

カード会社に現金化を疑われないための3つの対策

3本の指を立てて解説してくれるオオカミさん

ラムオ
ラムオ

もし今後もかかってきたらどうしよう…今から出来ることはありますか?

ウルフさん
ウルフさん

全く無いわけじゃない。現金化を利用する前に準備しておけば、もしもの時も安心だ!

カード会社から現金化を疑われてしまった場合は、先程伝えたとおり冷静に対処すれば問題ありません。

しかしできれば疑いを持たれずに現金化を完了してしまいたいですよね。

そこでカード会社から疑われないための対策について紹介します。

  1. クレジットカードのキャッシング枠は残しておく
  2. 換金率の高い商品を購入しない
  3. キャッシュバック方式の業者を利用する

クレジットカードのキャッシング枠は残しておく

もしものためにキャッシング枠を残しておくひつじ

現金化に使用するクレジットカードは、キャッシング枠を残しておきましょう。

キャッシング枠を全て使い切っていると、現金化のために商品を購入した際、カード会社から疑われる確率が高くなります。

なぜならキャッシング枠を目一杯利用している上に、ショッピングで買い物すれば、通常であれば返済に困るのが目に見えているからです。

そのためカード会社からマークされやすくなります。

しかしほとんどの方が、クレジットカードの現金化を検討する前に、キャッシング枠を利用してお金を借りていると思います。

なのでキャッシング利用の一部でも良いので、現金化を行う前に返済しておきたいところです。

ラムオ
ラムオ

あえて残しておくことで、疑われにくくなるんですね!

換金率の高い商品を購入しない

換金率が高い商品の現金化もカード会社から疑われやすくなります。

主に換金率が良いものといえばこれらのものが挙げられます。

  • 金券類
  • ブランド品
  • 電化製品

特に新幹線回数券などは、購入額も高額で、その上高値で換金できるため疑われやすくなります。

電化製品やブランド品などは金額によりますが、同じものを複数購入する場合などは疑われやすくなります。

ウルフさん
ウルフさん

突然の高額商品大量購入は疑われやすさナンバー1だ!

キャッシュバック方式の業者を利用する

ハンガーにかけられた服たち

ラムオ
ラムオ

服やパワーストーンなら、「自分のために購入した」と言えますもんね!

クレジットカードの現金化業者は、大きく分けて買い取り方式と、キャッシュバック方式の2つがあります。

買い取り方式で購入する商品は、先ほど紹介した新幹線回数券など、カード会社に疑われやすい物が多いです。

一方キャッシュバック方式は、おもちゃやパワーストーン、衣料品など、現金化目的での購入が疑われにくい商品が多いです。

ただしひとつ問題があります。

ほとんどの現金化業者は、利用してみるまでどちらの方式を採用しているかわからないということです。

現金化のために何を購入すればよいのかは、業者のホームページなどには書いていませ。

なのでおすすめの方法としては、実際に現金化した人の体験談や口コミを確認すること。

そしてその口コミを元に試しに申し込みをしてみることです。

クレジットカードの現金化は、手持ちのカード情報や身分証明証を提出しない限りは、取引は成立しません。

なのでどういう方式を取っているか、利用前に確認してみることをおすすめします。

まとめ:カード会社の問い合わせには冷静に対応。現金化目的でないことを伝えればOK

カード会社に冷静に伝えられたオオカミ

クレジットカードの現金化を行ったとしても、いきなりカードが利用停止になったり、強制的に解約処分になったりすることはありません。

万一カード会社から問い合わせがあった場合も、現金化目的での購入ではないということを冷静に伝えれば良いのです。

ただしカード会社に疑いの目を向けられやすくなる条件というのはあるので、現金化の際は疑われにくいキャッシュバック方式などを利用しましょう。

ラムオ
ラムオ

この記事を読んでちょっと安心しました。

これなら電話がかかってきても対応できそうです!

ウルフさん
ウルフさん

そもそも怪しまれることが無いように、対策もしっかり取っておけよ!

タイトルとURLをコピーしました