クレジットカードで現金を引き出す事は出来るのか!?

クレジットカード現金引き出し

クレジットカードの本来の使い方は商品やサービスを購入した際に現金の代わりに支払うものです。

しかし、クレジットカードで現金を引き出す方法も存在します。

今回はその方法についてお伝えしようと思います。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードキャッシング
実際にキャッシング枠付きのクレジットカードを作った事がある方ならピンと来るかもしれませんが、クレジットカードには

ショッピング枠
キャッシング枠

という具合に2つの枠が設定されている事があります。

ショッピング枠というのは読んで字の如く「ショッピングのみで使える枠」の事で、この枠で現金を引き出す事は不可能です。

しかし、キャッシング枠という枠が設定されていた場合、設定金額を上限にコンビニなどで手軽に現金を引き出す事が可能です。

こちらは消費者金融やカードローンなどと同じで毎月決まった額を返済するのが一般的です。

キャッシング枠での現金化のデメリット

キャッシングデメリット
なんだ!クレジットカードでも現金って簡単に引き出せるじゃん!

そう思ったあなた!そんなに美味しい話ばかりではありません。

じつはクレジットカードのキャッシング枠での現金引き出しはいくつかデメリットが存在します。

そもそも限度額が低い

クレジットカード限度額
クレジットカードについてくるキャッシング枠はショッピング枠に比べて上限がかなり低く設定されているものがほとんどです。

例えば50万のショッピング枠に対してキャッシング枠は10万円など。
大体5分の1程度の与信枠しか設定されていません。

よほど信用があり、いきなり500万が上限のブラックカード等を作れる場合は別ですが、一般的にクレジットカードの初回限度額は50万~100万が良い所ですので、その与信で与えられるキャッシング枠は10万~20万といった所が一般的です。

これでは普通に消費者金融やカードローンを作った方が大きい金額を借りれますよね。

信用情報機関に記載される

信用情報機関
クレジットカードを作る際に信用情報機関(CICなど)に申込履歴から与信枠まで記載される事がほとんどです。

通常、クレジットカードでショッピングをすると、その情報はいちいち信用情報機関には記載されませんが、キャッシング枠でのキャッシングはモロに記載されます。

後々カーローンや住宅ローンを組もうと思った場合、あなたのキャッシング履歴は残ってしまいます。

現在では総量規制なども定められていますので与信に影響を与えてしまいます。

家族にバレる可能性がある

クレジットカード配偶者
消費者金融やカードローンでのキャッシングと違って、クレジットカードのキャッシング枠を使った場合、電話がかかってきたり、家にハガキが届いたりします

特にハガキの場合は、封がしてあるものの、中にはしっかりとキャッシングした事実が記載されています。

家族や配偶者等に内緒でキャッシングしたい場合、クレジットカードでのキャッシング枠利用はバレる可能性が多いにあると言えるでしょう。

クレジットカードで現金化する方法

クレジットカード現金化
クレジットカードのキャッシング枠は色々とデメリットがあると言いましたが、どうしてもまとまった現金が欲しい!でも消費者金融は通らない、作りたくない。などの理由がある場合の裏技的方法があります。

それは、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法です。

仕組みは簡単で、クレジットカード現金化業者というのが世の中には存在します。

この業者はあなたのクレジットカードのショッピング枠を買い取ってくれ、手数料を貰う事で成り立つ仕組みです。

厳密に言えば法律的にはグレー、カード会社の規約的にもグレーな部分はありますが、

■即日で現金化が可能
■ショッピング枠を利用するので額が大きい
■信用情報機関へ記載されない
■煩わしい手間(審査など)が一切ない
■家族や配偶者にバレない

等といったメリットが数多くあるのも事実です。

しかし、中には詐欺まがいの悪徳業者も存在するようですが、当サイトでは長年の実績がある、信頼出来る業者ばかり紹介しています。

また、どの業者も申込はWEB上や電話で氏名・電話番号・カードの種類など数点伝えるだけで終わりますので簡単です。

後は、それぞれクレジットカード現金化業者から提示された換金率に納得がいけばすぐに口座にお金が振り込まれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あると便利なクレジットカードのキャッシング枠。しかし

・限度額が少ない
・信用情報機関に記載される
・家族にバレる可能性がある

といったデメリットがあります。

そうなるとクレジットカード現金化はかなりメリットが多く、手軽にまとまった額の現金を手に出来る可能性があります。

どうしても今日中にまとまったお金が欲しい!という方は一度検討してみるのもありかも知れません。