クレジットカード現金化の商品はどんなものがあるの?受け取りは必須?

クレジットカード現金化商品

クレジットカード現金化のサービスとして、必ず自分名義のクレジットカードで商品を何かしら購入しなければなりません。

その商品を業者は顧客から買い取り、差額の料金を手にする事で業者の経営は成り立っています。

では、その商品にはどのようなものがあり、受け取り義務などは発生するのでしょうか?

現金化サービスの種類

クレジットカード現金化種類
クレジットカード現金化業者を利用する上で、大きく分けて2つの方法があります。

それは「キャッシュバック方式」と「買い取り方式」です。

それぞれ2つの方法は流れから商品受け取りまで大きく違いますのでまずは詳しく解説していきます。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式
キャッシュバック方式は読んで字の如く、キャッシュバック付きのオリジナル商品を利用者に購入してもらい、商品を送り、代金を口座に振り込むと言う方式です。

特徴としては、商品自体はほぼ価値の無い物で、

石(ブレスレットやネックレス等)
CD-ROM
安価なおもちゃ

というラインナップが一般的です。

キャッシュバック方式のメリットとしては

即日現金化しやすい
購入した商品を送り返す必要がない
WEB上の手続きで全てが完結する

といったものがあります。

しかし、キャッシュバック方式は違法性が高く、数年前には逮捕者される業者まで出ています。

また、キャッシュバック方式を取る業者には悪徳業者も未だ多く存在するという情報もあります。

買い取り方式

買い取り方式
買い取り方式も読んで字の如く、業者が指定する商品を利用者が購入し、その商品を業者が買い取るという方式です。

購入する商品は主に

ブランド品
金券(商品券など)
新幹線の回数券

などが一般的です。

買い取り方式は昔からある手法で、今でも多くの業者が買い取り方式を採用しています。
どちらかというと店舗型の業者が多く、実際に商品を購入するので違法性が少ないというメリットがあります。

ただし、換金性の高い商品ばかり購入する事でクレジットカード会社から目を光らされたり、店舗型でない場合は即日現金化出来ないというデメリットも存在します。

商品の受け取りは必須なのか?

クレジットカード現金化商品受け取り義務
こられを読んでいると、キャッシュバック方式の価値の無い商品の受け取りや、買い取り方式の商品のやり取りは一見無駄にも思えます。

「どうせ目的は現金化だから商品は自分で持つ必要が無いだろう」

と考える方も多いかも知れません。

しかし、結論から申しますと商品の受け取りは必須です。

それは何故かというと、そもそもクレジットカードの規約でショッピング枠の現金化は規約違反とされています。

つまり「現金化の為の商品の売買」とみなされた時点でアウトなのです。

クレジットカード発行会社は利用者がどこで何を買ったのかという情報は全て把握しています。

換金性の高い商品ばかり購入している利用者や、怪しい店舗から怪しい商品を繰り返し購入している利用者は当然の如く目をつけられます。

「この日に買った商品はありますか?」と尋ねられ「ありません」と答えようものならそれこそ一発で規約違反決定です。

また、過去には商品の発送を怠る業者もありましたが、発送した形跡が無く、その時点で違法とみなされて摘発されたという事例もあります。

これらの事を裏返せば、例え100円のブレスレットでも「自分でこのブレスレットには1万円の価値があると思って購入した」と堂々と言えばそこに違法性は存在しない事になります。

キャッシュバック方式でも買い取り方式でも、きちんと商品の受け渡しをしたという証拠が無ければ摘発の対象、クレジットカード会社からの利用停止の対象になりかねなりリスクを背負うと言う事を心に刻んでおく事が重要です。

最近はamazonギフト券も多い

amazonギフト券
キャッシュバック方式、買い取り方式のメリット・デメリットを説明しましたが、最近ではamazonギフト券での現金化も増えてきています。

amazonギフト券はEメールで送るタイプ等もあり、クレジットカード現金化には非常に適している商品といえます。

現在の所、違法性は無く安全で、キャッシュバック方式での現金化より換金率が高いと言うメリットも魅力的です。

ですが厳密に言うと、amazon自体はそもそもギフト券の売買は認めておらず、多くのクレジットカード現金化業者がamazonギフト券を利用する事が増えた為、クレジットカード会社から目をつけられる可能性も増えたという事実もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クレジットカード現金化を業者を介して行う場合、
・キャッシュバック方式
・買い取り方式
があり、最近では「amazonギフト券」が主流になってきている事が分かりました。

どの方式でも商品の受け取りは必須であり、それを怠ると摘発の対象となってしまいます。

いずれにせよ優良業者というのはこの辺りのさじ加減も分かっていますので、口コミ等を見て最後まで丁寧に対応してくれる業者を探す事が一番安全に現金化する上で重要となってきます。