全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを現金化する方法は?クレジットカード現金化にも使える?

商品券現金化

懸賞や贈り物、プレゼントなどで良く使われる全国百貨店共通商品券JCBギフトカード。現金をそのままやるのは何か気まずいという時などにピッタリのアイテムですよね。

逆に商品券やギフトカードを貰った事がある。という人も多いのではないでしょうか?

しかし、欲しい物が特になかったり、商品券を使える店舗が近所に無いという場合は現金化してしまった方が使い道も広がって便利ですね。

という事で今回は商品券やギフトカードを現金化するにはどんな方法があるのか?また、その流れでクレジットカードの現金化には使えないのか?と言う事を解説していきたいと思います。

商品券やギフトカードってどんなものがある?

商品券と一概に言っても色んな種類があります。その中でも特に有名なのが、「全国百貨店共通商品券」や「JCBギフトカード」ではないでしょうか?

これらは贈り物に最適な為、数ある商品券の中でも流通量が多いとされている商品券です。

商品券の中には「図書カード」や「クオカード」もありますが、発行されている額面が小額な為、ちょっとした贈り物やプレゼントには適していますが、もっと大きい額をプレゼントしたいとなった場合はやはり全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードという選択肢になってきますよね。

全国百貨店共通商品券

全国百貨店共通商品券
全国百貨店共通商品券は日本百貨店協会が発行する商品券です。

日本百貨店協会に加盟する全国約500店舗の百貨店で利用する事が可能です。
(全国百貨店共通商品券が使える百貨店はホームページで確認出来ます)

使い方は普通のお金と同じように使え、百貨店内のどんな買い物にも利用出来ます。また、お釣りがある場合は現金でお釣りが貰えます。

JCBギフトカード

JCBギフトカード
JCBギフトカードはクレジットカード会社のJCBが発行するギフトカードです。

JCBギフトカードには1000円券と5000円券の2種類が用意されています。

また、JCBギフトカードは百貨店・スーパー・レストラン・ホテル・ゴルフ場等JCBが提携する全国100万点以上の店舗で利用出来ます。

全国百貨店共通商品券よりも使える幅が大きいのでお中元やお歳暮、お祝いなどにもよく使われるギフトカードです。

全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを現金化するメリット

商品券現金化のメリット
さて、全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを貰った場合、一番良いのはそれぞれが提携している店舗で買いたいものや、使いたいサービスがあった場合にそれで払うと「換金率100%」となりますが、実際そうもいかないものです。

これといって欲しい物が無かったり、近くに使える店舗が無いと言った場合はまさに「宝の持ち腐れ」状態になってしまいます。

そう言った場合、家に眠らせておくよりやはり「現金化」した方が使い道も広がって利便性が一気に高まります。

例えば全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードでは公共料金や携帯代の支払いなどには使えませんが、現金化する事でそれらの支払いにも使えます。

特に全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードは換金率の高い人気の商品券ですので、その差額は数%程度。

5000円の商品券を換金率96%の金券ショップに売った場合、手元に入る現金は4800円です。

たった200円の差で使い道がぐっと広がるなら現金化もアリですよね。

全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを現金化する方法

全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを現金化するには2つの方法があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

金券ショップで売る

金券ショップで商品券を現金化
全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードはほぼ日本全国どこの金券ショップでも買い取って貰えます

金券ショップで買い取って貰う場合にも2つの方法があり、それが「店頭買取」か「郵送買取」です。それぞれメリットデメリットがありますので見ていきましょう。

店頭買取のメリット・デメリット

全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを直接金券ショップに持っていき、買い取ってもらう事を「店頭買取」といいます。

店頭買取のメリットはやはりその場でお金が入るという事でしょう。また、買取金額が大きくなった場合は換金率の交渉なんかも可能です。

しかし、換金率は郵送買取に比べて低い傾向にあるのと、何よりそこまで行く手間がデメリットと言えます。

郵送買取のメリット・デメリット

金券ショップの中には全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを郵送で送ってもらい、買取金額を利用者の口座に振り込んでくれる「郵送買取」という方法もあります。

郵送買取のメリットとしては、わざわざお店まで出向く必要が無いという事。特に近くに金券ショップが無い地方に住んでいる人にとってはこの方法しかありませんよね。

更に郵送買取の場合は店頭買取に比べて換金率が高く設定されている場合もあります。

デメリットとしてはやはり郵送ですのでそれだけ現金化する日数がかかってしまうという事。

更に送料や振込手数料は利用者負担ですので、それだけ経費がかかってしまいます。

店頭買取と郵送買取はどちらがいいのか?

店頭買取と郵送買取はどちらもメリット・デメリットがありますが、どちらも可能な人(近くに金券ショップがある人)の場合はどちらがいいのでしょうか?

それは一概に言えないというのが正直な所です。

郵送買取の方が換金率がいいですが、その分振込手数料や送料がかかってしまいます。

ですので売りたい全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードの額面がいくらなのか?によっても違ってきますよね。

急いで現金化したいという人以外は面倒ですが、自分が売りたい額面やそれぞれの換金率を照らし合わせて、どちらが最終的に手元に多くの現金が入るのかを計算して選びましょう。

全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを金券ショップで売った場合の換金率

では実際に全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを金券ショップで売った場合、どれ位の換金率になるのでしょうか?

もちろん金券ショップによって換金率は違いますが、ここでは大手金券ショップの「大黒屋」を例にご紹介したいと思います。

●全国百貨店共通商品券

商品名 買取価格 レート/備考
全国百貨店共通商品券1000円券 975円 97.50%
全国百貨店共通商品券10000円券 9750円 97.50%

●JCBギフトカード

商品名 買取価格 レート/備考
JCBギフト1000円券 970円 97%
JCBギフト5000円券 4850円 97%

どちらも換金率97%とかなり高いレートで取引されているようですね。

Yahoo!オークションで売る

商品券ヤフオク現金化
全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを現金化するもう一つの方法。それは「Yahoo!オークションで売る」という事です。

現在ではネットオークション、フリマアプリなど様々物を売れるサービスがありますが、やはり流通量という観点から見るといまだにヤフオクが圧倒的です。

そして、全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードもヤフオクでかなりの数が常時取引されている状態なのです。

でも、「何故みんな全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードをわざわざヤフオクで買うの?普通に金券ショップにも売ってあるし」とお思いの方もいらっしゃる事でしょう。

プレミアが付きやすいアイドルやアニメ柄の図書カードやクオカードならなんとなくヤフオクで売買されるのも理解出来ますが、何故全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードもヤフオクで多く流通しているのでしょうか?

それは詳しくは後述しますが、「クレジットカードの現金化に使えるから」です。

ヤフオクを通す事で全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードがクレジットカードの現金化が可能になり、わざわざヤフオクで全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを買う人も多数いるのです。

ですのでヤフオクでは手数料などを差し引いても全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを売ったら換金率が100%になった!という事もザラにあるのです。

全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードはクレジットカード現金化にも使えるのか?

商品券クレジットカード現金化
全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードはかなり高い換金率で取引されている人気の商品券という事が分かりました。

ここで勘の良い人ならお気づきでしょうが、「全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを使ってクレジットカードの現金化が出来るのでは?」と思った方もいるでしょう。

結論から言うと、全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを使ってクレジットカードの現金化は可能です。

ただし、まともにやるとリスクが大きいのでちょっとした裏技が必要です。

全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードをクレジットカードで買える?

まず、クレジットカードで全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを購入しなければいけませんね。

基本的に全国百貨店共通商品券はクレジットカードでは買えません。JCBギフトカードはJCBのクレジットカードでのみ購入可能です。

しかし、ここで気をつけたいのが、JCBギフトカードをJCBのクレジットカードでバンバン購入するとどうなるでしょう?

「この人はクレジットカードを現金化する為にJCBギフトカードを購入しているな」と怪しまれて最悪クレジットカードが利用停止になってしまいます。

ではどうすればいいのか?それは「Yahoo!オークション」で買うという事です。

ヤフオクでは人気の商品券である、全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードは常時多く取引されており、ほぼ自分が欲しい額面の全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードが売りに出されている状態です。

ヤフオクの支払いにはクレジットカードが利用出来ますので、結果的に全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードをクレジットカードで買える事になります。

そして買った全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを金券ショップで売れば無事にクレジットカードの現金化が完結という訳です。

全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを使ってクレジットカード現金化するデメリット

しかし、全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードを使ってクレジットカードを現金化する方法にもデメリットが存在します。

①手間がかかる
何と言ってもヤフオクの取引には手間と日数がかかります。「すぐに現金化したい!」という人にとっては落札終了日まで待つ日数や、発送までのタイムラグがすごくストレスになるでしょう。

②クレジットカード会社から怪しまれる
ヤフオクでクレジットカード決済をした場合、クレジットカードの明細には「Yahoo!オークション利用料」としか記載されませんが、それでも度を越した利用にはもちろんカード会社が目をつけます。そこで現金化の事実がバレてしまえば即刻利用停止になります。

③現金化出来る金額が少ない
全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードは発行額面が小さいので例えば10万円以上クレジットカード現金化したいと言った場合には複数購入しなければならず、その分手間も増えます。
購入する回数が増えるという事はそれだけカード会社から怪しまれるという事にもなりますので大きい金額を現金化したいという場合は不向きです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

多くの人が一度は手にした事があるであろう全国百貨店共通商品券やJCBギフトカード。

しかし使わないのであれば現金化した方が利便性が高まりますよね。

ただし、全国百貨店共通商品券やJCBギフトカードはクレジットカードの現金化にも使えるという事が分かりましたが、様々なデメリットがありやはりオススメ出来ません。

クレジットカードの現金化は、やはりプロである専門の業者に頼むのが一番です。