dポイントは現金化出来るのか?そのやり方を徹底解説!

dポイント現金化

ドコモユーザーであれば馴染みのある「dポイント」。ケータイの利用のみならず、お買いもの等でもポイントが溜まるドコモのサービスです。

しかし、ドコモのみならず「たまったポイントを特定の商品やサービスに替えるのではなく、現金に変えたい」と思う人は少なからずいるのではないでしょうか?

そこで今回はdポイントの仕組みから現金化のポイントまで詳しく解説していきたいと思います。

dポイントとは?

dポイントとは
dポイントはドコモが行うポイントサービスです。

主にドコモケータイの利用やドコモ回線の利用などでポイントがたまり、そのたまったポイントをドコモの関連サービスや商品、提携するお店などで使う事が可能です。

また、dポイントカードと言われるカードを作れば、それを提示する事で買い物等でもポイントがたまる仕組みです。

その他アンケートに答えたり、dカードと呼ばれるクレジット機能付きのカードを使う事でポイントがためられます。

そしてたまったポイントはドコモ関連商品やサービスを購入する場合に、そのポイント分安くなったり、ドコモと提携するお店等でも使えます。

dポイントのため方

dポイントため方
それではdポイントをためるには具体的にどのような方法があるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

dポイント加盟店でためる

dポイントは提携しているお店での買い物やサービス料を支払う際、dポントカードを提示する事で、その買い物額に応じてポイントが付与されます。

有名どころで言うと大手コンビニエンスストアのローソンや、ドラッグストアのマツモトキヨシ、タワーレコードや和民、いきなりステーキといった普段私達が利用する多くの有名店が加盟店となっています。

d払いを利用してためる

ネットショッピングの際、「d払い」と呼ばれる決済方法を選択する事でもdポイントがたまります。

こちらも提携ショップのみですが、タワーレコードやABCマート、ショップジャパンやDHCオンライン、メルカリなども提携されており、意外と使えるシーンが多いのが特徴です。

アンケートでためる

dポイントは買い物などでお金を使わなくてもためる事が可能です。

それは「アンケートに答える」という方法。dポイントの公式サイトに行くと、「アンケートでためる」というボタンがあります。

そちらから進んで自分のdアカウントIDを入力、そしてアンケートに答えるとdポイントがたまっていく仕組みです。

一回のアンケートで貰えるポイントはそこまで多くありませんが、塵と積もれば山となる。コツコツ続ければかなりお得なポイントがたまります。

dカードでためる

dカードはdポイントカードと似ていますが、違う点はクレジット機能が搭載されている点です。

つまりドコモのクレジットカードという訳です。

dカードには通常のdカードとdカードゴールドという2種類があります。

dカードゴールドは年会費が1万円かかりますが、dカードで色々なものを決済する度に100円=1ポイントたまり、ドコモのケータイ及びドコモ光の料金の10%がポイントとして付与されていきます。

こちらはクレジット機能付きなので作る際に審査がありますが、1枚持っておくと便利です。

ドコモの回線利用でためる

dポイントはもちろんドコモの回線を利用する事でもポイントが付与されます。

ドコモの回線とはドコモのケータイおよびドコモ光の回線利用料です。

ポイントは条件などが少し変わりますが、1000円の利用で10ポイントまたは100ポイントたまります。(100ポイントは回線料をdカードゴールドで決済した場合)

基本的に利用月の翌月10日にポイントとして反映されます。

dポイントはどんな所で使える?

さて、たまったdポイントはどこで使う事が出来るのでしょうか?

dポイント加盟店でつかう

dポイント使い方
基本的にdポイントをためる方法で紹介した加盟店であれば、そのお店での決済にdポイントが使えます。

1ポイント=1円値引きされ、10000ポイントたまっていれば1万円分のお買いものが出来るという訳です。

アンケートでためたポイントも加盟店でのお買い物に使えると思ったらかなりお得感がありますね。

d払いを利用してつかう

こちらもdポイントをためる方法でご紹介したネットショップでの支払いに利用出来ます。

お買いものの他にもレンタカーのサービス料金や日本郵政のサービス支払いにも利用出来ますので利便性が高いですね。

ケータイ料金の支払いにつかう

たまったdポイントはドコモのケータイ料金の支払いにも使う事が可能です。

「今月予定していた金額より使いすぎちゃった」といった場合などにたまったポイントで穴埋めするといった利用方法も可能です。

ポインコグッズに使う

ポインコとはドコモのオリジナルキャラクターの名前です。

dポイントのサイトには、このポインコのオリジナルグッズが多数用意されています。

バスタオルやエプロン、定番のぬいぐるみなどあらゆるポインコグッズが用意されていて、これらは非売品です。

ポインコファンの人のみならず、いつの日かポインコグッズにプレミアが付く事を期待してdポイントを使うのも良いでしょう。

dポイントの注意点

提携サービスが今や400を越え、利便性も高いdポイントですが、一つ注意点があります。

それはポイントの有効期限!

dポイントの有効期限は無限でなく、48カ月、つまり4年でポイントは失効してしまいます。

つまりこの間にdポイントを利用しないと無駄になってしまうという事です。

自分が欲しいサービスが無い場合、やはり現金化しておくのが一番な気がしませんか?

dポイントの現金化の方法

dポイント現金化手順
それではここからが本題です。dポイントを現金化出来ないのか?という疑問ですが、結論から言うとdポイントの現金化は可能です。

それでは具体的にdポイントを現金化する方法を説明していきます。

①dプリペイドカードを作る

dプリペイドカード
dポイントを現金化するには、まず「dプリペイドカード」というものを作る必要があります。

dプリペイドカードとは2016年に発行が開始されたMasterCard搭載のプリペイドカードです。

満12歳以上であれば作れ、2017年からはドコモと契約していない人でも発行して貰えるようになりました。

プリペイドカードですので、チャージしてある金額内であれば、MasterCard加盟店でクレジットカードと同じように決済が可能です。

尚、dプリペイドカードの上限は30万円です。

dプリペイドカードは

  • Yahoo! JAPANアカウント
  • Google+アカウント
  • Facebookアカウント
  • mixiアカウント
  • ドコモ会員アカウント

のいずれかを持っていれば無料で簡単に申し込む事が出来ます。

ウェブサイトで申請してから3日~10日程でカードが送られてきます。

dポイントをプリペイドカードにチャージ

dプリペイドカードが送られてきたら、手持ちのdポイントをそのプリペイドカードにチャージしましょう。

チャージの仕方は、全てWEB上で行えます。

dプリペイドカードにチャージする手順は下記の通りです。

  1. マイページにログインして「チャージ」を選択
  2. お支払い方法で「dポイント」を選択し、チャージ金額を入力
  3. ドコモ会員アカウントにログイン
  4. 入力内容を確認し、確定ボタンを押す
  5. チャージ完了

③amazonギフト券を購入

amazonギフト券
dプリペイドカードにチャージしたら、今度はそのdプリペイドカードを使ってamazonギフト券を購入します。

まず、amazonの公式サイトに行き、自分のポイント内の金額のギフト券をカートへ入れます。

次に、支払い方法の画面でdプリペイドカードを選択。

amazonギフト券には種類がありますが、すぐに現金化出来るように「Eメールタイプ」を選んで購入して下さい。

すると10分~1時間ほどでamazonからメールでギフト券が送られてきます。

amazoギフト券を現金化

amazonギフト券買取業者
何故amazonギフト券を購入したかというと、決済にdプリペイドカードが使えるというのと、換金率が高いという事が挙げられます。

今度は購入したamazonギフト券を買い取り業者に買い取って貰いましょう

買い取って貰うと言ってもわざわざお店に足を運ぶ必要はなく、ネット営業している買い取り業者がたくさんありますので、その業者を利用する事で簡単に現金化出来ます。

業者を選ぶ際に注意するのはやはり換金率でしょう。出来るだけ換金率が高い業者を選ぶ事で自分に入ってくるお金が多くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した方法であれば家から一歩も外に出らずに簡単にdポイントを現金化する事が可能です。

本来であれば特定の店舗やサービスでしか利用出来なかったポイントが、現金化する事で利用範囲が大幅に広がりますよね。

今回はdポイントで説明しましたが、これをクレジットカードのショッピング枠を使って現金化する方法が「クレジットカード現金化」となります。

ちょっとお金が必要になった場合には凄く便利なサービスですので、急な出費の際などには是非利用してみて下さいね。