図書券は金券ショップで換金出来る?

図書券換金

昔はよくイベントの景品だったりコンテストなどの商品にも使われていた図書券

しかし最近では電子書籍などの台頭により、本屋さんで本を買うという文化もすっかり少なくなりました。

そこで今回のテーマは「図書券は金券ショップで換金出来る?」です。

家に眠っている図書券をそのままにしておくよりは現金に変えた方がいいですよね?

その辺りを詳しく調べましたのでご覧下さい。

そもそも図書券とは?

図書券とは
図書券の存在はもしかすると現在の若い人の中には知らないと言う人もいらっしゃるかも知れません。

それもそのはず、図書券や図書カードは2005年をもって発行が中止になったのです。

そもそも図書券とは「日本図書普及株式会社」という所から発行されていた書籍と引き換える事の出来る有価証券の略

1960年に発行され、2005年からは「図書カード」という磁気式のプリペイドカードタイプのものに完全移行しました。

そして2016年にはその図書カードの発行も終了。

現在は「図書カードNEXT」というものに変わっています。

それぞれの大きな違いとして、図書券・図書カードは有効期限はありませんでした。

しかし、図書カードNEXTは10年という有効期限が設けられています。

図書券・図書カードは金券ショップで換金出来る?

金券ショップ図書券
では、家に眠っている図書券や図書カードはどこで換金出来るのでしょうか?

それはずばり「金券ショップ」です。

有効期限がない図書券や図書カードは未だにほぼすべての金券ショップで換金可能であり、その換金率は90%程度と好条件です。

例えば、家に1万円分の図書券・図書カードが眠っていたら金券ショップに持っていく事で9,000円の現金が手に入ります。

そう考えるといいお小遣いになりますよね。

図書券・図書カードを金券ショップ以外で換金する方法

オークション図書券
さて、図書券や図書カードを金券ショップ以外で換金する方法はないのでしょうか?

実は図書券や図書カードはネットオークションで売買可能なのです。

デメリットは落札までに時間がかかる、もしくは誰も落札してくれない可能性だってありますが、逆に金券ショップに売るよりも高く売れる場合もあります。

特に図書カードは表面の印刷が自由で、当時のアイドルやキャラクターなど今となっては希少価値の高い図書カードも数多く存在します。

それらはごく一部のマニアの間で高く取引されており、オークションに出す事で自分が思っていた以上の値が付くかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

昔は当たり前のように私たちの生活に深く関わっていた図書券・図書カード。

今は本当に見なくなりましたが、その分家に眠っている可能性も大

90%以上の換金率なら今すぐにでも換金したいですよね。

レアな図書カードの発見の可能性を夢見て家の大掃除をしてみるのもいいかも知れません。